読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の教育体験を多くの人に届けたい! (旧:GLOBIS 英語MBA体験記)

グロービスの英語MBAの体験や学びを時々つづっていましたが、これからは自分自身が多くの人に最高の教育体験を届けるためにどんなことができるか、日々の気付きをカジュアルに記録していきたいと思います。

”純ジャパニーズ”が、楽しく英語を上達させる近道とは?

米国のトップスクールでMBAを取得し海外企業でも働いていた著者が、苦手な英語を克服した自身の体験を基に書いた本書。コミュニケーションに最低限必要なレベルを「銅メダル英語」として、何をやるのが近道で何をやらなくてよいのか、いかに楽しんでやるか、丁寧に説明しています。
特筆すべきは、リスニングや発音、文単位で話すスピーキングなど日本人が苦戦しがちな分野について、「最初のうちは疑問文は使うのをあきらめる」など、身の丈に合った手法を紹介していること。発売当初、「純ジャパニーズ」でありながら仕事で英語を使う必要に迫られた私にとって、この本はまさに救世主でした。
著者が”楽しみながら”上達する手法として絶賛する「フレンズ(FRIENDS)」全238話を3回見て日常会話の表現を覚えたことに始まり、すきま時間に自分の頭に浮かんだ考えや感情を英語でどう表現するかを考える「ひらめき」法の実践など、愚直に取り組んでいきました。その結果、私は著者のいう「TOEICや英検の点数が意味をもたない世界」に足を踏み込むことができました。(少しずつ勉強と実践を重ね、TOEICは900点後半、英検は1級を取得しました。でもネィティブや帰国子女の皆さんの前では、英語力が自分のプラス要素になったりはしないです。)読者の皆さんも、この本のアドバイスをもとにぜひ一歩を踏み出しましょう!
「銅メダル英語」をめざせ!?発想を変えれば今すぐ話せる? (光文社新書)
 

異文化の環境では、"大阪のおばちゃん"的な表現方法がなかなか効果的??

空港で半信半疑で手にとってみたら、意外や意外、楽しめながらいろんな表現が学べるばかりか、読み物としての完成度もなかなかに高い、驚きの本でした。

まず、「"めっちゃ"使うフレーズ50」「目指せ!英語で"ツッコミ"マスター!」の章には、会話がテンポよく弾んでいきそうなフレーズが満載。短くビシッと本音や自分の感情を伝えられて、実用性が高い表現がたくさんありました。さらに「関西特有の文化を英語で紹介してみる」の章ではへ~と思えるところがたくさんあり、気付いたら10個全ての文化を読んでしまってました。

個人的に面白かったのは、第2章の「マンガでわかるやさしい活用講座」。基本の”せや(で)=That's right.”、提案の"せや=You know what,"、確認の"せやんな?=Is that right?"、強調の"せやねん=You are quite right."・・・と同じ言葉でも微妙なアレンジでニュアンスが変わってきて、もはや英語「で」関西弁「を」学んでいるようでした

全体を通して感じたのは、関西弁とベーシックな英語のなんともいえない愛称の良さ。多くの表現が短く・オープン・ストレートなので、本音が伝わってきます。英語にもたくさんの婉曲表現・丁寧な表現がありますが、会話の中でなかなか追いつかないですよねー! どういえばええかな~?もごもご、、ってなってて伝わらない。

結局、「あなたがどう考えているのかわからない」となってしまいがちです。なので全然文化的背景の違うひとと一緒にいるような環境では、「知らんがな!」と思ったら、"How would I know?"だったり、"Who cares?"だったりまずはさくっと感情込で伝えてみて、そのあと理由を添えたほうが伝わったりして~と思いました。まさに先日書いた「銅メダル英語を目指せ~」の理念に沿っているなあと思った次第でした。

ちなみに、「伊藤くんっていつも急いでるから、そこそこ"いらち"やんな~笑」と最近関西出身の友達からいわれたのですが、この本によると"いらち"は"impatient (or 近いのがrestless)" だそうです。せっかちなやつ!、くらいの意味なのでしょうか~?

手に汗握り、背中まで汗かく感動の一冊

やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力
 

「リーダーの仕事は”現在の課題解決”ではなくて、”課題そのもの”を変えることだろ!」と著者の迫さんが怒られるシーンがあるのですが、あれもこれもやらなきゃと目の前の"課題"で頭がいっぱいになっている自分にも言われているようで、ギクリと身につまされ、このくだりを読みながら背中にすごい汗かいてました。

「たとえば、原宿に旗艦店を開いて東京に進出する以前のユニクロと、今のユニクロの"課題"は同じだと思う?」「一生懸命目先の改善を積み重ねることは大事だけれど、事業を次のステージにぐっと成長させられるような案を考え、アクションをとらないと」。御意にござります。その後いくつも現場を巡りながら考え、次につながる成長施策を打ち出していく迫さんの気迫と行動に胸をうたれました。

もうひとつすごいなと思ったのが、通称 "Upside down Management=上下逆転マネンジメント"の考え方。「”自分が頑張った”は最悪のリーダーシップ」「仕事を手放し、メンバーができるようになるまで二人三脚で伴走する」「自己成長など自意識を捨て、組織の可能性を100%引き出せるよう集中する」などなど、ご自身がリアルに失敗しながら学んだ教訓を書かれていて、ガンガンメモとりながら読んでしまいました。

思えば約3年前に英語セミナーにお越し頂くために打ち合わせに伺ったときも、なぜかご指定の場所は都内同社の研修所でした。直前まで他の社員の方とサービスの研究?研修?をされていたのが印象的でした。まずは現場に入り込んで課題を解決しつつも、だんだんと課題そのものを変革し、アクションを打ってきたからこそ、V字回復してきたのかなあ。冷静な判断の背後にサービスへの愛とコミットメントが感じられて、自分も見習ってがんばろう!と思える熱い本でした。

第二言語でプレゼンを成功させるコツ?

今日は久しぶりに口の中がカラカラになり、背中にびっしょり汗をかくプレゼンを経験。先日日本語でほぼ同じ内容をほぼ同じ人数(45人程度)にお伝えしたときは、確実に聞き手に「ささってる」と自分でも感じられるほど上々な出来栄えでした。そこから一転、全編英語となった今日はいまひとつうまく説明しきれず、終わった後マラソンしたような疲労感が。イベントの結果そのものはよかったのですが、自分の中ではなんともいえない悔しさが残る回となりました。


うまくいかない時に共通することを振り返ると、

 

1) 直前に想定外のことがおこる
2) 始まる前までキツキツに他の仕事が入ってる
3) 空間内の自分の目線にしっかりと入るところに「自分が反応を気にしすぎてしまう方(ex.例えば上司、あるいは後輩。)」がいて変な力が入る
4) ストーリーラインが腹落ちしないまま覚えようとする
5) 部屋が暑い笑

 

などでしょうか。結果、話す内容に集中しきれておらず、かつ本来話すのがすきな自分が楽しめてなくてうまくいってないのかなあと。それを踏まえて対処方法を考えると、

 

1) 話すことだけに集中できるよう、会場準備やオペは他の仲間に甘えてリードしてもらう
2) 直前に仕事は外して、頭の中で話すことを静かに何度か反芻する時間をもつ
3) 聞き手以外のギャラリーを無視する笑
4) ストーリーラインが自然に伝わると確信できるまでしつこくスライドと話の順序を調整/準備する
5) 部屋をやや涼しめにする笑

などでしょうか。

まーそんなこと関係ないくらい、英語がスラスラでてこれば良いのですが!これをバネに、また明日から努力したいものです!

ピンチのときの3つのP

ほんとにぐっとくるスピーチ。特に中盤で紹介されている3つの”P”、これは仕事でもなんでも、厳しい状況に直面して"これはもうあかんかも??"と思ったときに応用できると思う。「自分のせいだと思うこと(Personalization)」、「人生全てに影響すると思ってしまうこと(Pervasiveness)」、「永遠に続くと思うこと(Permanence)」、この3つのPはあかんで!と思っていることで、ピンチからのリカバーも早くなる気がする。“Let’s just kick the shit out of option B(超意訳:今の手持ちのオプションからベストをしぼりだそう!).”、このメンタリティで常にいきたいところ!!

www.buzzfeed.com

John Flanagan講師の英語マーケティング2

(7月19日の投稿より抜粋)Very practical class by John Flanagan! Thanks for the heated discussion! /自分たちが直面しているチャレンジと似たケースで、非常に実践的なクラスでした!残りの授業があとわずかでさみしいですが、最後がっつりと学んでいきたい!!

 

f:id:Nori-MBA:20161127162433j:plain

 

 

MBAクラスはグローバル人材のブートキャンプ:そこに強い思いはあるか?――ノバルティス鳥居正男氏【グローバル人材の条件】

 

(7月30日の投稿より抜粋)「MBAクラスはグローバル人材のブートキャンプ」、これは本当にそうだと思う! 自分が言いたいことが伝えられず悔しいことも多く、かつ英語でケースを読むのは本当に骨が折れる。ただ、その分ものすごく鍛えられるし、拙い英語でも臆せずみんなに話してみよう!、ともともと内向的だった自分のマインドセットも随分変わってきたと思う。グローバルに一歩踏み出してみたい!という人には、まさにLife-changingな体験になると思います。/~「多様性」に直接触れられることですね。日本人だけでなく、外国人とも一緒に学び、議論することは、日本人である自分自身の考え方を磨くための絶好の場になります。日本人は人前で自分の意見を話すこと、特に英語で話すことが非常に苦手ですが、伝えたいことがあり、伝えたいという強い思いがあれば、英語が下手でも通じるのです。そういう訓練場としてMBAスクールは絶好です。MBAクラスはグローバル人材のブートキャンプなのです。

globis.jp