Nori Itoのブログ (旧:GLOBIS 英語MBA体験記)

グロービスの英語MBAの体験や学びを時々つづっていましたが、これからは自分自身が多くの人に最高の教育体験を届けるためにどんなことができるか、日々の気付きをカジュアルに記録していきたいと思います。

授業で積極的に発言するための6つのTips

成績評価の半分は発言の量と質できまるため、グロービスの英語MBAクラスでは積極的な発言が求められます。この記事では、6つのTipsを共有します!

 

f:id:Nori-MBA:20160508012821j:plain

(写真はPower and Influenceのクラスで、プレゼンを意識しながらつくった私たちのグループのホワイトボードの1枚です。)

 

1. ケースの背景情報を、まず日本語で検索

読み進める前に事前情報をインプットし、ケースを読むときの理解を深めます。

第2言語で知らない業界のことを読むのは大変なので、まず知識を増やすことで、全体でかかる時間を減らしています。

 

2. アウトプットすることを意識して読む

効率よくケースを読むために、漫然とケースを読む時間を削っています。
この段落のポイントは?、これは問いにどのように関係あるのか?などと問いかけつつ、あえて時間を区切って、書き込みながらケースを読んでいます。(大学入試の現代国語の試験のイメージです。)

 

3, 発言したいことは箇条書きでメモとして準備

アサインメントで準備する過程で、ケースのポイントをメモ書きとして書き出しています。

Group Workではじっくり考える時間はないので、メモ書きを基に発言していくイメージです。

数字など表にしておけば、「この結果はこうなって」と見せながら話すことができ、ディスカッションでの主導権がとりやすいです。

 

4. 発言しやすい箇所を逃さない

最初のプレゼンテーション、およびプレゼンへの質疑応答は考える時間のゆとりがあり、発言がしやすいです。

議論が進んでくるとパッと返すのが難しくなるので、議論の序盤で勇気を持って発言することがお勧めです。

 

5.プレゼンすることを意識してGroup Work

Group Workではともすると議論に全ての時間を使いがちですが、プレゼンを意識して、論点整理に最後の時間を使えると良いです。
その後の全体のディスカッションで伝えやすいように、ホワイトボード上でなるべくポイントを整理しておきます。

その意味でも、可能であればペンを積極的に握って、全体の意見を引き出すのがお勧めです。

 

6. 自分が教えるようなつもりで準備

やや応用ですが、「このクラスでの学びはなんだろう?」と講師側の目線で考えることがあります。
そうすることで、ケースの細かい論点より、議題にあがりそうな箇所に集中することができます。